中古車買取りを依頼した場合には、まずは査定を受けることになります。
査定は買取り業者の人が行い、中古車市場の価格などから算出されることになります。

一般的に中古車として販売されている価格の2、3割程度が買取り価格とされていますが、人気車種であったり、稀少車種である場合には高値が付くケースもあります。
また年式が新しければ新しいほど高くなります。

一方でこれらの買取り価格は自動車が万全な状態であり、そうではない場合にはマイナスに査定されます。
特に修復歴は買取価格に大きく影響します。
修復歴といっても、定義が曖昧ですが、基本的には自動車の骨格であるフレームにまで及ぶような事故をしてしまった車は事故車扱いになります。

この事故車は将来において何らかの悪影響が出るリスクがあるため、買取り価格ではマイナスとなってしまいます。
一方でフレームにまで影響が及ばず、外装を修理した程度であれば事故車扱いにはなりませんが、修復歴は付くことになります。
もちろん修復歴が付くのでマイナスの影響がありますが、事故車よりも低く査定されることはありません。

またエンジンや変速機などトラブルが発生している場合にもマイナスに査定されますし、日頃のメンテナンスの良し悪しが査定額に影響してきます。
このあたりは素人目にはわからないところですが、査定を行っている業者ではしっかりと状態を見てきます。
いずれにしても修復歴がないことが中古車査定額がアップできるかどうかのポイントになります。

中古車買取はコチラから!
↓↓↓