愛車買取り業者に審査を依頼したものの、支払いを完済できていないケースもあり得ます。そういった際には、売却しようとする愛車の権利が貴方自身なのか別の方であるかについて第一に確認する必要性があるのです。

実際に、所有者が誰かについてどれを確認したらいいのかと言えば、「自動車検査証」に記載されている氏名の方が自動車の所有者となります。

愛車を購入したタイミングで銀行等が提供する分割払いを設定したケースでは、こちらの車検証に記載されている氏名がご自身の名前になっている訳ですが、ローンを組んだのが信販系の会社であるケースでは名前がそこの名前となっているのです。信販系でローンを組む場合になぜこんな風にクレジット会社を所有権者として登録しているのかと言いますと、その答えは支払いが滞納されたときに、即クルマを差し押さえて確保することを考えているからです。

そうした訳で所有者名義がローン会社となっているケースではそのくるまを自分の好きに売ってしまう事はできません。どうあっても売ってしまいたいなら支払いを全部終わらせるか、割賦契約の組み替えをしてオーナーをご自身の氏名に変えた上で売る必要があります。しかし、現実にそうした手続きが可能なのはその時点で持っているお金が沢山あるケースに限定されます。であるならば、キャッシュがない場合はどうしたらよろしいのでしょうか。

こうしたケースでは値踏みを行って下さった自動車買い取りのお店に話してもらえると、お車の買値から残債の支払いの分を完済させ、所有者の欄をご自分の氏名に変えて貰うことが出来ます。手続きも全てにおいて買取ショップに任せられるので心配ないです。