自分の車のを処分するさいの手立てというと買い取り、そして下取りの2つが一般的です。下取りのケースというのは新しい自家用車をゲットする代わりに今迄のユーズドカーを引き取っていただくというものです。たいていは新車販売会社が買取を行うので買い取りプライスはどちらかといえば低めに見られるケースが多いです。

もう一方の買取りのケースは車買い取り専門店がおこなっており、ユーズドカーとして売却することを前提に引取りのプライスを決めるため、どっちかといえば高プライスの買取りが望めるでしょう。何れにしろくるまを売却する事であり、売り払う前に引き取り価格を決定するための査定が行われることとなります。

鑑定をして貰うケースで気に掛かるのは「リサイクル料」です。自分のくるまの査定で出してもらう金額というのはくるまそれ自体のプライス、ユースドカーに附随するリサイクル料とか自賠責保険などなど含めた額の2つの種類があります。リサイクル料に関してはクルマを購入した時、又は「リサイクル料」が未払いの時には車検の場合に支払われるもので、後に自動車を廃車として解体するさいに必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などなどリサイクルするための費用となって使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体する場合に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

コストはだいたい、軽自動車であれば8000円ほど、国産車だと10000円位、外車とかで1万5千円位、それとは別に2万円程度を入れる必要性があります。大体のクルマ買取りだと、そうした「リサイクル料」をクルマの引き受け金額とは別ということで引き取られるというようなことになるんですが、リサイクル料金をいれて引き取り金額であるという場合もあり、引受けを依頼する場合には事前にチェックしておくことが大切です。