くるまを売りたい際の方法は買取り、または下取といった方法が存在します。下取りは次の自家用車を手に入れたと同時に、今迄乗っていた自分の車を引き受けていただけるものです。その自動車が乗車が可能な車であるならばプライスが付くわけですが、古いくるまだったケースですと廃車にする費用を下さいと言われるケースもあります。

下取は専門店がおこなうという事ではない訳ですから、希望価格での買取りは難しいでしょうけど、おニューのクルマと交換で乗り換えすることが可能であるといった良い点があります。逆に買取の場合は、それ専業のクルマ買取専業店にお願いして引取りをして頂くといったものです。そのやり取りが分かりづらいといった良くない点も有るのですが、買い取りをされた自分のくるまはユーズドカーとなって市場に出回ることがそもそも決定されていますので、想像以上に希望価格での引取りが望めると思います。

買取りにしても下取りにしても引き渡す際は色々書類をまずは準備しておくことが求められます。必要書類としては車検証と自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。さらに実印や印鑑証明書、住民票なども必要です。

引取りのさいには譲渡証明や委任状なども使用すると思いますが、そのあたりは買取り業者で用意してくれると思います。買い取りをお願いしたいこちらとしては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票あとは印鑑証明を用意しておきましょう。審査の時もこれらがチェックが入るので、紛失の場合には再発行していただくこととなります。

万一無くしていても審査それ自体はしてもらうことはできますが、すぐに手続きは行えないので見積もり価格に悪い影響が出ます。