自動車買取専業店に評価をお願いしたものの、残債を払いきれていない事もあるでしょう。そんなケースでは、売却希望のお車の持ち主が自分自身なのか他の方なのかどうかについてまず見ておく必要があります。

実際のところ、所有権はどれを見れば良いのかというと、「自動車検査証」に記載されている名前がお車の所有者となります。

くるまを購入する際に銀行などの割賦払いを組まれた時には、この自動車検査証に書かれているお名前が自分の名前になっている訳ですが、割賦払いを組んだのが信販系の会社などの時にはお名前がローン会社の記載になっております。信販会社でローンを組む場合になぜこのような形で信販系の会社を所有者として記載しているかと言えば、その理由としては毎月の支払いが滞ったりしたら、ただちにくるまを担保として確保することを考えているからです。

こういったわけで所有権が信販会社になっている際はそちらのくるまを好き勝手に売却はできないのです。それであっても売却したいのであればまず返済を全部終わらせるか、分割払いの設定し直しをすることでオーナーを貴方の氏名に変えた後で売却をすることが求められます。とはいっても現実問題そんなことが可能なのが今現在手持ちのお金がたくさんある時に限定されます。それじゃあキャッシュがあまりない場合はどうすることがいいのでしょうか。

そういった際は買取査定をやってくださったマイカー買取店に相談すれば、愛車の売却の金額から残りの支払い分を支払し、所有者の部分を自分の姓名に直していただくことが出来るという訳です。手続きについても全てを買取ショップにオマカセ可能なので心配いりません。