マイカーを売り払う際の進め方といえば買い取りと下取りが有ります。下取のケースというのは新しい中古車を入手する際一緒に前の自分の車のを引き受けて貰うというものです。大概販売会社が引受をすることになるためプライスはわりと低くなることが多いです。

他方、買取りの場合にはクルマ買取専門ショップが行っており、ユーズドカーとして売却することを前提として買い取り値段を決めるので、どっちかというと高プライスの引き受けが望めるでしょう。いずれにしろ自分のくるまのを売る事であり、売却をする前に買い取り価格を決めるための査定がおこなわれます。

鑑定をしていただく時気に掛かるのがリサイクル料です。自分のクルマの審査で提示されるプライスとしてはマイカーそのもののプライス、マイカーについてくるリサイクル料や自賠責保険等々入れた値段の二つの種類が存在します。リサイクル料は中古車を入手した際、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を受けたケースで支払いとなるもので、将来、自分のくるまのを廃車にして解体処分する際に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするための料金となって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまう時に自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

コストは大体、軽自動車で8千円位、国産自動車で1万円位、外国の車等であれば1万5千円くらい、そのほかで約2万円ほどを入れる必要性があります。多くの自家用車買取りの場合、こうしたリサイクル料を自分のくるまのの買い取り値段とは他として引き受けされる事となるんですが、リサイクル料金を含めて審査の金額だという場合もあり、買取を頼む場合は確認しておくのが大事です。