車を売るときのやり方というと買取、そして下取のどちらかが有ります。下取りの場合というのは次の所有車を購入する時、古いマイカーを買取してもらうというものです。たいがいは新車ディーラーが買取をするため買い取りプライスの方はわりと低価格に見られるケースが多いです。

もう一方の買取りの場合にはユーズドカー買い取り専門ショップがしているもので、ユースドカーとして販売する事を予定して引受けプライスを決定するので、わりと高プライスの買い取りが望めるでしょう。いずれにしてもユースドカーを引き受けてもらうことであり、、売却する前に引取り金額を決定するための見積もりがおこなわれることとなります。

値踏みをしていただく時に気になるのはリサイクル料になります。自動車見積もりで示される金額としてはその愛車それ自体の値段、ユースドカーに附随するリサイクル料や自賠責保険等いれた価格の2種類があります御座います。「リサイクル料」は車をゲットした場合、又は「リサイクル料」が未納だった場合には車検のさいに支払いとなるもので、先々自家用車を廃車にして処分する場合に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為の費用として使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金は、軽自動車なら8千円くらい、国産車であれば1万円程、外車等で1万5千円位、そのほかで約2万円ほどを納める必要性が有ります。大抵のユーズドカー引き受けでは、こういった「リサイクル料」をクルマの買い取り価格とは別ということで引受されることになるワケですが、リサイクル料金をいれて引き取りプライスとなっているケースも有り、引き取りをお願いするさいには確認しておくことが大事です。