中古車の下取りや買取の際には、初めに査定をやります。この場合の査定とは、ユーザーから買い取り・下取時に正当な評価をするための手続きであり、それにはさまざまな人たちから容認され、その上承諾された仕方でないと良くありません。ただ、客側からしたら、査定がどんな具合に行われているのか具体的に確認できてなかったり、フェアな方法で作業されているのかはなかなか知ることが出来ないものですよね。そうはいっても査定というのは中古車の価値を確定させるめちゃくちゃ大切な工程である為、方法や考えに色んなものがあると社会がパニックとなる原因にもなってしまうわけです。

そうした混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会という機関があり、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」という機関は、適切な査定が浸透するように動いている団体であり、ユーザーが安心して見積に出せて、加えて納得のいく結果になるようなシステムを構築する活動をしています。

具体的な活動内容としては、例えば健全な査定士を育てるために試験を行っており、査定協会が実行している学科やスキル研修を受け、そうしてから「査定士技能検定試験」に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、健全な知識や義務でもって消費者のクルマの評定をするのです。要するにきちんとした査定を出すための資格を保持している方が鑑定をしますので、我々も悩まずに下取または買取に出すことが可能となるわけです。