くるまの買取店に見積もり査定をしてもらったものの、残債を払いきれていないケースもあるかもしれません。そういったケースでは、買取りしてほしいお車の所有が貴方自身なのか他の人なのかをまず見ておく事が必須です。

実際に、所有権はどの辺を見るといいのかと言えば、「自動車検査証」に書かれている名前がくるまのオーナーとなるのです。

マイカーを買う際に銀行などの割賦払いを組んだケースでは、こちらの車検証に記載のある名前がご本人の氏名になっていますが、ローン支払いを設定されたのが信販系の会社である場合は氏名がそこの名前となるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな形でクレジット会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その理由は月賦が滞った場合、すぐに車を差し押さえて確保するためです。

そうした理由から所有者名義がローン会社にある場合はそちらの自動車を自分の好きに売却することはできないのです。それであっても売ってしまいたいならとりあえず支払いを全部支払するか分割払いの組み替えをすることで持ち主をご自身の氏名に変更した上で売却をする必要性が出てきます。そうはいっても実際問題こういったことができるのは今お手持ちのキャッシュがたくさんある時に限られます。じゃあお金が不足している場合はどういった方法を取るのが良いのでしょうか。

そういった場合は、買取査定をやってくださった中古車買取り業者にご相談いただけると、愛車の売却額から残った支払い分を返済し、オーナーを自分自身の姓名に変えていただくことが出来ます。手続きについても全部買取り業者に任せることが可能なので安心です。