マイカーの買い受けの際は、まず先にクルマの審査をしてもらいます。その型式や年式とで、基本とされる標準状態の値段の目安をつかんでおきます。ここから更に条件が悪かったら、鑑定額を減額するなどの流れで処理を行っていくわけです。

一定レベルでの値段のことについては買い取る側で目安の金額というものを保管しています。コチラに関しては業者同士だけで出回っているもので、その額面はそのモデルと年式から記載されているものです。なのですが、あくまでこの金額は基準の数値であり、それ以上の意味はありません。加えて、その値段よりも高い金額で買取を行ったりあるいは安い価格で買い取られたりすることすら当然ながら出てくるのです。

お店の立場としてはなるべく安く引受けしたいので、ショップにもよりますが基本となる買取標準価格を提示したうえで、更にロープライスな方向へ行こうとしてきます。こちらの気持ちとしてはいくらかでも高値で売却したいわけですから、この時の交渉としては、強引に話を持っていくのがいいと思います。それか、買取について見積が同調できなかったのであればいったん保留し、話は休止状態とします。そしてまた別の買い取り専門店とネゴシエーション進行させるのです。

そこで仮に値段が更に上げられて納得がいけば、前の買取店との話し合いは決裂でも問題はありません。言ってしまえば、売る側が納得できるようにネゴシエーションをしていけばよいということです。何があっても気を付けてほしいのは、焦って金額を決断してしまって、後々残念な気持ちを残すことです。売却額はとにかく強気に交渉した方が後悔しないはずです。