中古自動車の買い取り・下取時には間違いなく査定をさせて頂きます。査定というのはお客様から買い取りや下取りの際にフェアな評価をするための手続きであり、そのためにはいろんな方たちから納得され尚且つ承諾されたやり方でないとダメなのです。

ただ、こちら側からしますと値踏みがどんなふうにおこなわれてるのか完全には把握していなかったり、キチンとした進め方で行われてるかどうかはなかなか分かっておくことが難しいものです。

しかしながら査定というのはユースドカーの価格を決定するめちゃくちゃ大切なプロセスですから、方法や考えに種々のものがあれば社会の混乱の原因にもなってしまうわけです。このようなパニック状態を発生させない為にも「日本自動車査定協会」という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」というのは厳正な査定が行われるように活動している機関であり、我々が信頼して値踏みに提出でき、加えて満足できる結果になるようなシステムを構築する取り組みをしています。

分かりやすい内容的には、例を出すとキチンとした査定士を育てるために検定を実行しており、査定協会が行っている学科さらにはスキル研修を受け、そして「査定士技能検定試験」に合格することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そして査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、まともな知識や義務でもって消費者のくるまの評価をしていきます。

言い換えると適正な査定のための資格を保持している人間が評価をおこないますので、私たちも安堵して下取または買取に持っていくことが可能となるわけです。