古い自動車譲渡を頼んだ時は、まずはじめに見積もりを受けることになります。その際の査定については買取専門ショップの人がするわけですが、車マーケットの価格などから算出されることになります。

一般的に中古のクルマとして売り出されている価格の2~3割程が売値と言われているようですが、売れ筋のくるまだったり、希少価値のある車であったりする場合には高値がでるなどのケースもあるみたいです。その他、製造年は新しい方が高値が付きます。ただし、こういった見積金額はその車が完全な状態の場合であり、そうじゃないときには値踏みは厳しくなります。特に修理歴は見積もりに結構関係します。

修復の跡といっても定義は微妙なところですが、とりあえずお車の本体であるフレームにまで駄目になっているような事故を起こしてしまったくるまは事故車扱いになります。このような事故車は将来的に何か悪い影響が出るという危険性が有りますので、見積価格についてはダメなものとなってしまいます。一方、フレームの部分まで影響がなく、外側を修理したくらいだったら問題ありませんが、とはいえ修理歴がつくことになります。

モチロン修復歴がついてしまう訳なのでマイナスの影響は有るわけですが、事故車に比べて低い査定となることは無いでしょう。他にも、エンジン等に面倒が起こっている時にもマイナスとして鑑定されますし、常々の点検整備の状況が買取金額に影響されます。

この辺りは素人目にはわからないところですが、値踏みを行う買い取りの専門店ではちゃんと状況を見てくるでしょう。

どちらにせよ修復歴は無いことが古くなった車のプライスを上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。