中古自動車の下取や買取の時には、間違いなく査定をしてもらう事でしょう。この査定とは、売り手側から下取や買取の時にちゃんとした見立てをするための下調べであり、それを行うためには多くの人から認識され、さらに受け入れられた進め方で行わないといけません。ですが、こちら側からしますと、査定がどのように実施されているのかきちんと把握していなかったり、正当な段取りでやられているかはどうにも知ることが困難なものです。しかしながら査定というのは愛車の値段を決断するとっても重要な工程なので、考えややり方にさまざまなものがあると社会が混乱する要因にもなるわけです。

このようなカオスを発生させない為にも日本自動車査定協会という名の機関があり、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

日本自動車査定協会とは、しっかりとした値踏みが根を下ろすように活動している機関であり、お客さんが不安なく値踏みに提出でき、しかも納得できる結果になるようなシステム作りの動きをしています。

具体的な活動の内容は、例えばちゃんとした査定士を育むための資格試験をおこなっており、査定協会がおこなっている学科やスキル研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定のスキルを保有する査定士としての資格がもらえます。更に査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな見識や義務を以てしてユーザーの愛車の評定をするのです。要は適正な見積のための資格を有している方が査定を実施しますので、ユーザーも安心して買い取りや下取りに愛車を提出することが可能となるのです。