所有車の下取りや買取の際には、初めに査定をするものです。この場合の査定とは、売り手側から下取りや買取する際にきっちりした評価をするための作業であり、そのためにはさまざまな人たちから理解され、その上了解された方法をしないとまずいのです。ですが、ユーザー側からしますと、査定がどんな具合に行われているのか完全には知らなかったり、正当な手続きで調査されているのかはどうしても把握することができなかったりもするものです。そうはいっても審査というものは中古車の値段を決めるとても大切な工程な訳なので、考えややり方に色んなものがあると世間のパニックの原因にもなるのです。

そうした騒ぎを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を制定しているのです。

日本自動車査定協会とは、しっかりとした査定が行われるように活動している団体であって、消費者が安心して見積に提出でき、しかも喜べるような土台作りの取り組みをしています。

中身としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を輩出する為の試験を行っており、査定協会がおこなっている学科さらには技法の研修を受け、そして査定士技能検定試験にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えてもらえます。さらに査定士として働く為には協会への登録が必要になり、まっとうな知識や責務をもって消費者の愛車の審査をします。言い換えると適正な査定を行う為の資格を保持している人が査定を行いますので、お客さんも不安な思いをせずに買取とか下取に車を出すことが出来るわけなのです。