使用ずみの自動車を売り渡す時の手段というと買取、そして下取の2つがございます。下取の場合というのはおニューのくるまを入手すると一緒に古い使用済みの車を引き受けてもらうというものです。大体は販売店が買い取りをおこなうので売値はどちらかといえば低めに見られるケースが多いです。

一方、買い取りのほうは中古車買取専門ショップがおこなっており、古い車として店頭に陳列することを予定に引き受け額を決めるため、結構高額の買上が望めます。いずれにしろ使用済みの車を売却する事であり、売却をする前に引き受け額を決めるための査定が行われることとなります。

評価をして頂く時気に掛かるのが「リサイクル料」です。ユーズドカー格づけで出される価格としては愛車そのものの価格、マイカーについてくる自賠責保険やリサイクル料等を含んだ価格の2種類があります有ります。リサイクル料は使った自動車を入手した時、若しくは「リサイクル料」が未払いの時には車検を受けた時に支払いになりますので、将来的に中古の車を廃車にして解体するさいに必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするさいのコストとして使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その場合の料金は、軽自動車であれば8000円位、普通車で約1万円、外国の車などで1万5千円くらい、それとは別に2万円ぐらいを納める必要がございます。多くの不要車買い取りですと、こういった「リサイクル料」を使っていた車の買上げ値段とは別ということで買い取りされるという事になるのですが、リサイクルの料金をいれて評価の金額となってるケースもあり、引き取りを依頼する際にまずはチェックしておくことが要されます。