マイカーを売却する手立ては、これまではディーラーの下取、または中古車専門店への売る手続きが一般的でした。いつもお世話になっているディーラーに下取を頼み、新車を入手するという人がこれまではまあまあいましたが、現在ではそちらを検討する方はそれほどいません。下取られるのが、比較すると安くなりやすいことが発覚してしまったことと、オークションへ行くという手段が知れ渡り始めたからです。

ユースドカーのみの「Auction」があり、ユーズドカーの専門ショップやその他ディーラー等もこちらでゲットしていたりします。普通の人参加できませんが、代行してくれる業者を利用することで、一般の人が所有する車を「Auction」で譲渡が不可能ではなくなりました。なお、別な方法のユースドカー専門のショップに対する売渡では、最初に車を審査してもらい、希望の価格を提示されれば契約成立です。

中古車専門店は、そのようにゲットした中古車をキレイに手入れして、店先で陳列したり、オークションに出品してみたりなどします。どういう方式を選ぶのかは判断によりますが、いずれを目指しているかによってベストなものは異なってきます。まずはほんの僅かでも高く買い取って欲しい、というのでございますと、Auctionの代行業者にお願いするのが最高に高プライスで買取して貰える可能性があります。しかし安堵して引き渡したい、信用のおける専門店に買取してもらい、愛情をもって乗ってくれる人に売却してほしいという事だったら、ディーラーや古い車販売店のほうが安心できるでしょう。

代行業者にお願いした場合、販売されるまでメンテの代金を考慮しなくてはならないため、販売に時間がかかるならその分高くなってしまう危険性をはらんでいます。中古車の販売会社なら次の所有者が出てくる前にお金を頂くことができるというメリットがあるのです。