自動車を手放すケースにおいての方法は買取りや下取りなどの手順があります。下取に関しては、新しいマイカーを買ったと同時に、それまで乗っていた所有車を買い取ってくれるものです。そのクルマがドライブができる車であれば値段がつくのですが、あまりにも古い車であった場合ですと反対に廃車にするためのコストを請求されるケースがあります。

下取りは専門ショップがおこなう訳ではないので、高い値段での売却は難しいでしょうけど、次の愛車と取り替えるような感じで乗り換えすることが可能といった良い点があります。もう片方の買い取りはというと、専門のくるま買い取り専門店に依頼して買取をして頂くものです。そのやり取りが難しいなどの短所もあるのですが、買い取りをされたお車は中古車となって市場で取引されることがもとから前提ですから、比較的高値買い取りが期待できるはずです。

下取であっても買取であっても売却の場合には色々書類をまず準備しておくことが必要となるでしょう。必要書類の種類には自動車検査証や納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。そのほか印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

買い取りのときには譲渡証明書や委任状等も必要書類になりますが、これらについては買取専門ショップで準備してくれるでしょう。買い取りを依頼するこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票あとは印鑑証明書が用意すべきものになります。値踏みしてもらう時もこれらに関しては確認されるので、なくしたさいには再発行していただく事になります。

無くても査定自体はしていただくことは出来ますが、即日引取りはおこなえないので見積もりの値段に悪い影響が出ます。