使用済みの車を売り渡すさいの手段といえば買い取り、そして下取りの2つが一般的ですね。下取のケースはおニューのマイカーを入手する際に古い不要車を買い上げていただくというものです。たいてい新車の販売会社が買い取りをすることになるので金額の方はわりと低めに見られがちです。

逆に買取のほうはおクルマ買取専門店が行っており、中古の車という名目で売る事を前提に買上げの価格を決定するため、意外と高プライスでの買取が望めます。いずれにしても不要車を買取してもらうことであり、売り払う前に買い上げプライスを決めるための品定めがおこなわれることとなります。

値踏みをして頂くさいに気になるのはリサイクル料です。ユースドカー査定で出してもらう価格というのはその自分のクルマのそれ自体の価格、ユースドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料というものをプラスした価格の2つの種類が御座います。リサイクル料に関してはクルマを購入したさい、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった場合ですと車検の時に支払いになりますので、のちに古い車を廃車にして処分する時必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルするための代金となって使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、処分する場合に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その際の費用は、軽であれば8000円くらい、普通車で10000円くらい、輸入車ですと1.5万円ほど、その他で2万円くらいを納める必要性が有ります。だいたいの使用していた自動車買受けでは、そういったリサイクルの代金をu-carの買上プライスとは別として引取られるというようなことになるんですが、リサイクルの料金をいれて審査のプライスとしてる場合もあり、買取を望んでいる場合あらかじめ確認しておくのが大事な事となります。