車の買い取り・下取時には最初に査定をすることでしょう。査定というのは消費者から下取りや買取する際にきっちりした鑑定をするための作業であり、それをするためには多くの人から容認され加えて認められた仕方じゃないと良くありません。

とは言っても、客側からすれば審査がどのようにやられているのか具体的に認識していなかったり、キチンとした方法でやられているかはなかなか確認することができなかったりもするものです。

そうだとしても鑑定自体がユースドカーの価値を決断するとっても大切な方法ですので、方法や考えに色んなものがあると世間がパニックとなる一因にもなる可能性があります。そういったパニック状態を発生させない為にも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」とは、厳正な鑑定が行われるように機能している機関のことで、私たちが無事に査定に提出でき、そして満足できる制度作りの務めをしています。

分かりやすい活動の内容は、例えば健全な査定士を育むためのテストを実行しており、査定協会がおこなっている学科と技能研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格が受け取れます。更に査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、きちんとした見識や義務でもって消費者の所有車の鑑定をおこないます。

要は適正な査定を出すための資格を持つ方が鑑定をおこないますので、我々も安堵して買取とか下取に出すことが可能となるわけです。