愛車を処分したい場合における方法は下取りと買取りの種類が在ります。下取りに関しては、次の中古車をゲットした時には、これ迄の愛車を買い取って頂くというものです。その時点で乗車が問題ないクルマだったとすれば買値が期待できますが、あまりにも古すぎる車であった場合ですと反対に処分の為の費用を必要とされるケースだってあるでしょう。

下取の場合は専門のお店が引受けするという事じゃないので、望むような価格での売却はムリでしょうけど、おニューのお車と取り替えるような形で乗り換えを可能であるといういい点があります。一方買い取りは、専門でおこなっているユーズドカー買取専門ショップに依頼して引取りをしていただくといったものです。そのタイミングが分かりづらいといったよくない点も存在しますが、買取をされた車はユーズドカーとなって市場で取引されることがそもそも前提ですから、想像していたより高価買い取りが期待できるでしょう。

買取も下取も引き渡す際は必要な書類をまずは用意することが必要です。必要書類の種類には車検証や自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。そのほか印鑑証明と実印、住民票なども必要です。

手続きのときは譲渡証明書や委任状なども必要となるのですが、それらは買い取り専門店で用意してくれるはずです。引取りをお願いしたいコチラとしては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印あとは印鑑証明を用意しておきましょう。査定時にもそれらがチェックが入るため、失くした時には再度発行して頂くことになります。

万一無くしたとしても審査そのものはして貰うことはできるのですが、その場ですぐの買取りは出来ないため見積額に悪い影響が出る可能性があります。