中古の車の下取・買取時は最初に査定をしてもらうかと思います。査定とはお客さんから下取や買取の時に冷静な評価を下す為の処置であり、それを行うためには多くの人から理解され尚且つ合意された仕方でなければダメなのです。

なのですが、お客様側からすれば審査がどんなふうに行われているのか具体的に把握していなかったり、正当な進め方で実施されているのかはどうしても確認することが難しいものです。

とはいえ、見積の方はユースドカーの価格を決めるめちゃくちゃ大切なプロセスなので、方法や考えに種々のものがあれば社会が混乱する一因にもなる可能性があります。そういったカオスを発生させない為にも日本自動車査定協会という呼称の機関があり、中古自動車査定制度を制定しているのです。

日本自動車査定協会というのは適切な鑑定が浸透するように機能している団体であり、消費者が不安なく車を審査に出せて、しかも満足できる結果となる土台作りの動きをしています。内容的には、例えばまっとうな査定士を増やす為の試験を実施しており、査定協会が実施する学科さらには技法の研修を受けて頂き、そののち査定士技能検定試験に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな基礎的なものや決まり事をもってユーザーの車の評価をしていきます。

つまりはしっかりした査定を出すための資格を持つ人間が値踏みをやりますので、客側も悩まずに下取りや買取に愛車を提出することが出来るわけなのです。